業務の効率化に寄与するWEB会議

WEB会議とは遠隔地にある支店などの営業拠点と本部などの営業中心拠点をインターネット回線で結び、画面上で相手の反応などを見ながら、資料の共有、営業方針の決定などのコミュニケーションをとっていくツールです。



かつては大掛かりな機材などをそろえる必要がありかなりのコストがかかりましたが、現在ではブロードバンドの発達により安価で容易に行えるようになりました。現在、WEB会議に必要な設備といえばインターネット回線につながっているパソコンがあれば、ほとんど十分といえるほど簡単になっています。

さらに、このツールは大掛かりな会議だけでなく、業種によっては通勤を必要としない、自然の中で生活しながら、しょくばのなかまとWEB会議を通じてコミュニケーションをとりながら働くなどの、労働者の働き方おも変化させる力を持っています。



企業にとってもWEB会議のメリットは大きく、会議のために出張して交通費などのコストがかかったり、移動時間の無駄を省くことができるため、より多くのコストダウンと効率化、さらに生産性の上昇が期待できます。また、一度にたくさんの人がその会議に参加できることで多くの人がその会議内容を直接、自分の目や耳で見たり聞いたりできる分、関連する人たちの認識の統一も可能となるだけでなく、業務の迅速化をはかることもできます。



メールなどの文章ではわからないようなことも、お互いの顔を見てコミュニケーションをとることで業務の活性化なども得られ、非常にメリットの大きなシステムとなっています。